2017年10月18日更新

14年ぶりシャネルの新作香水「ガブリエル シャネル オードゥ パルファム」の魅力をCHECK。

世界的に高い人気を誇っているラグジュアリーブランド「シャネル」は、これまでも多くのフレグランスを手掛けてきました。メゾンを代表する『 N°5 』や1996年に発売された『アリュール』、女性に人気の『チャンス』など、高い人気を誇るフレグランスをたくさん輩出してきました。

そんなシャネルが、14年ぶりの待望の新作フレグランス『ガブリエル シャネル オードゥ パルファム』をこの秋発表します。今回は、シャネルらしい優美な香りが特徴の新作フレグランスの魅力に迫っていきます。

1342view

14年ぶりの新作 ガブリエル シャネル オードゥ パルファム の魅力

香り

シャネルから誕生する待望の新作フレグランス『ガブリエル シャネル オードゥ パルファム』は、「光」をテーマとした自由でやわらかなフローラル調のピュアな香りのフレグランスです。オレンジブロッサム・イランイラン・ジャスミン・グラースチュベローズの4つの花々をベースに想像上の白い花を表現したエレガントな香りが特徴で、時間の経過とともに肌となじみ優しい香りへと変化していきます。

まるで自分の希望を自由に叶えていったブランド創設者であるシャネルのピュアな本質を表しているかのような香りといえるのではないでしょうか。強さを持つ現代女性にぴったりな香りに仕上げられた香水です。

ガブリエル・シャネルって誰!?

ガブリエル・シャネルは、シャネルのブランド創設者として名を広く知られているココ・シャネルの戸籍上の名前です。

デザイナーとしてはココ、ブティックの近しい人の間ではマドモアゼルと呼ばれたシャネルの、デザイナーとして活躍する前の原点の名前なのです。

ボトルデザイン

『ガブリエル シャネル オードゥ パルファム』は、ボトルデザインにもフレグランスのテーマである「光」を感じさせるデザインを取り入れているのが特徴です。

厚みや重さでラグジュアリー感を出したような一般的なフレグランスボトルとは異なり、ボトルには薄く繊細なガラスを採用しています。丸ロケットと呼ばれる通常のガラス容器の底の部分の厚みを独自の技術で削り取き、スプレーノズルも細くて見えにくいものを採用するなど、細部にまでとことんこだわりを詰め込んだデザインに仕上がっています。

繊細で美しいボトルデザインは、空間にラグジュアリー感を与えてくれるインテリアとしてもおすすめですね。

ココ シャネルの出生名でもある「ガブリエル シャネル」の世界観は、イメージヴィジュアルや映像とともに公式サイトの特設ページで体験することができます。

14年ぶりに発表されるシャネルの新作フレグランス「ガブリエル シャネル オードゥ パルファム」は、これまでのシャネルのフレグランスと同様に、時代を超えて長く広く愛される香りとなること間違いなし。

シャネルらしい優美な香りと繊細なデザインが特徴の新作フレグランス、登場してまだ間もないのでシャネル好き、香水好きの人は今のうちにチェックしておきましょう。