2018年09月21日更新

フレグランスハウス『アニック グタール』が新生『グタール』としてブランドを一新

1980年にパリで誕生して以来、世界中の女性から高い支持を得てきたフレグランスハウス『アニック グタール』が、この秋新しく 『グタール』 へと生まれ変わりました。

ブランドの伝統やルーツを大切にしながらも新たなインスピレーションを取り入れ新ブランドとしてスタートする『グタール』、ブランドの世界観や魅力を紹介します。

Hatenabookmark logomark

442view

新生『グタール』の香りの魅力

創業者であるアニック・グタールの伝説的かつ詩的なブランドルーツを大切にしながら、新たなインスピレーションを取り入れたブランドとして生まれ変わった新生 『グタール』

五感に訴えかける香りを持ち、その香りや名前に少し触れるだけで目の前にすばらしい景色やイメージが広がるようなフレグランスを展開します。

『アニック・グタール』同様、人工香料を使用せず、優れた品質の香料を使用している点もこだわりです。

それぞれに秘められた6つの物語

『グタール』 のフレグランスのそれぞれの香りには、感情に訴えかけるような物語が秘められており、6つのファミリーに分けることができます。

身につける人々の五感を目覚めさせるとともにその人のもつ魅力・個性を引き出してくれるものばかりです。

6つのファミリー

【偉大なるポートレート 】
魅力的な人物やその人生をテーマにしたフレグランスファミリー

【旅への誘い】
見知らぬ土地への憧れや最果ての地への想いにインスパイアされたフレグランスファミリー

【永遠の時間】
時の流れを忘れてしまう瞬間を表現したフレグランスファミリー

【愛と情熱】
愛と情熱を傾けて創り出された「グタール」の中心的存在ともいえるフレグランスファミリー

【素晴らしき自然】
自然のすばらしさを讃えたフレグランスファミリー

【特別な夜】
他シリーズとは世界感の異なる型破りなフレグランスファミリー

ブランドロゴとモノグラムも一新

ブランドを象徴するロゴも、従来のものからさらにモダンなフォントに刷新し、心機一転のブランドスタートを切っています。

創業者アニック・グタールのイニシャルを組み合わせたモノグラムも、今までのデザインを継承しつつよりモダンなデザインへと一新されました。

ボトルデザイン

グタールのフレグランスは、ブランドのアイデンティティを示すシンボルを取り入れた、ボタニカルでロマンティックなイメージを表現したデザインのボトルに収められています。

フェミニンボトル

レディース用のフェミニンボトルは、美しいイブニングドレスのような存在感を放つプリーツにゴールドカラーのボトルキャップをあわせたエレガントで繊細なイメージのデザインです。

ユニセックス用のラウンド型のボトルは、シンプルなデザインにダークシルバーのキャップを組み合わせて力強さを表現したデザインとなっています。

新しく生まれ変わったフレグランスブランド『グタール』は、全19種類のフレグランスで、2018年9月5日(水)より発売をスタートしています。

伝統を引き継ぎながらも新しい道を歩み始めた『グタール』の香りと世界観、ぜひチェックしてみては。