2017年10月10日更新

体臭を判定してリアクションをする犬型ロボット「はなちゃん」とは。

北九州市にある電気機器やソフトウエア開発のベンチャー企業「ネクストテクノロジー」から、体臭を判定してニオイの強さによって反応するユニークな犬型ロボット「はなちゃん」が発表されました。

なかなか指摘しづらい不快なニオイ問題ですが、犬型ロボットがクサさを判定してくれるなら少しくらいは厳しいことを言っても許されることもあるはず!

ニオイメディアのKunKunとしては要チェックの「はなちゃん」、今後一般発売も視野に入れて開発を進められるそうなので、「はなちゃん」の特徴についてチェックしていきたいと思います。

Hatenabookmark logomark

1338view

体臭判定できる犬型ロボット「はなちゃん」

北九州市のベンチャー企業「ネクストテクノロジー」が開発・量産した犬型ロボット「はなちゃん」、名前は若干ふざけてる感を感じずにはいられませんが、体臭を判定して3段階で反応するユニークなロボットです。

鼻の部分に臭いセンサーを搭載しており、イオウ系のニオイや香水などの香りの強さを測定することができます。

はなちゃんは、ニオイの段階によって異なる反応を示すように作られており、

・無臭に近い場合は尾を振ってすり寄る
・少し臭う場合には頭をあげてほえるようなしぐさをする
・かなり臭う場合には横転して気絶する

といった3種類の反応によって、ニオイの強さを知ることができるのが特徴です。

体臭を数値で示す「Kunkun body」とは違ったアプローチで、はなちゃんは可愛い犬の動きで表現してくれます。直接ニオイを指摘される不快感を可愛らしさで軽減することができるんじゃないでしょうか。

ニオイは自覚がない場合も多いので、遊び感覚でさりげなく伝えることができるというのは面白いコンセプトですよね。

夏場の電車内にでも放ちたいものです。

ネクストテクノロジーとは

「ネクストテクノロジー」は、北九州工業高等専門学校の滝本隆准教授が代表社員を務めている、電気機器やソフトウエア開発を手掛ける合同会社です。今回開発した体臭反応ロボット「はなちゃん」は、同高校の卒業生である社員2人とともに開発が行われました。

「はなちゃん」プロジェクトは、クラウドファンディングによって量産を成功しており、今後は臭いを判定して消臭剤を出す「消臭機能付き」タイプも開発を進め、一般発売を目指しています。

現在は、11月末に東京都内で開催される国際ロボット展で披露すべく開発が進められています。体臭に反応して反応する犬型ロボット「はなちゃん」の今後の動向から目が離せませんね!