2017年08月25日更新

体臭に効くおすすめの石けん5選|体臭対策のための石けんの選び方から正しい洗い方まで。

自分の体臭を感じたことはありませんか?自分が感じるということは、他人にも気づかれている可能性は高いです。

体臭というと汗を大量にかく夏限定と思っている人は多いですが、それは間違いです!

現代では一年中エアコンで過ごしやすい環境にあるため冬場の寒い時期でも汗をかいていることも多いので、体臭予防はできるだけ一年中したほうが良いでしょう。

綺麗に着飾っても臭いが全てをぶち壊してしまうケースも少なくありません。今回は、体臭ケアと体臭に効果のあるおすすめの石鹸を紹介します。

2843view

1. 体臭が発生するのはなぜ?

「体臭=汗」 と考える人は多いですが、じつはニオイの元は汗そのものだけではありません!

体臭が発生する理由

汗だけでは臭くありません。

汗が皮脂や垢(汚れ)などと混ざりあい、それをエサとしている雑菌が繁殖してしまうことで、ニオイが発生してしまいます。

体臭を予防するには、汗だけを抑えるのではなく、皮脂とも上手に付き合っていく必要があります。

2. 生活習慣で改善!気になる体臭対策

体臭を改善するにはいくつかの方法があります。

身体を清潔に保って体臭改善

身体を清潔に保つには「身体を洗うこと」ですが、ここで注意しなければいけないのが洗い方です。
臭いが気になると、どうしても「ゴシゴシ」洗ってしまいますよね。
しかし、じつはその洗い方が、余計にニオイを強くしてしまう原因になっているかもしれません。

肌には、表皮ブドウ球菌という善玉菌が常在しています。
この善玉菌は、皮脂や汗を栄養にして、臭いの発生を抑える働きをしてくれています。

しかし、身体をゴシゴシ洗ってしまうと、必要な皮脂や善玉菌である表皮ブドウ菌まで洗い流してしまうことになりかねません。
 

必要な皮脂がなくなってしまうと、うるおいを守るバリア機能が低下してしまい、さらにそれを防ぐために、今度は皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

適度な皮脂はうるおいを守りますが、過剰な皮脂の分泌は雑菌のエサになるので、その結果、余計に体臭が強くなってしまいます。

つまり、とにかく洗えば良いというわけでなく、「必要な皮脂を落とさず洗う」ことが大切なんです。

体の洗い方のポイント

・温度は40℃以下(熱いお湯は必要な皮脂まで取り、肌は乾燥しやすいくなる)

・手または柔らかい素材のタオルで洗う(十分に泡立てて優しく洗う)

・体は1番最後に洗う(シャンプーや洗顔の後で洗う)

食事に気をつける

体臭の元は、皮脂や汗といった体内から分泌されるものなので、食事にも気をつけましょう。

タンパク質や油っぽい食事を大量に摂取すると、皮脂が増えてしまいます。
摂りすぎた油分は、脂肪酸脂質になり体臭を発生させます。

身体の酸化を防ぐ食べ物

・緑黄色野菜

・キノコ類

・ナッツ類

抗酸化力が強い食材を食事に摂りいれて、体内からの臭いを防ぎましょう。

乳酸が溜まらないようにしましょう

身体に乳酸が溜まるとアンモニアを多く含んだ汗がでてしまい、通常の汗より臭くなります。

1日の疲れを湯船に浸かり、血の巡りが良くなることで、乳酸は抜けるので、入浴は夜がおすすめです。

3. 石鹸とボディーソープの違い

体臭を予防するのに1番効果的なのがやはり「身体を洗うこと」です。

身体を洗う洗浄剤には、「石鹸」と「ボディーソープ」がありますが、どちらを使用していますか?

家族内でも母親と娘はボディーソープを使い、父親は石鹸を使っている場合がありますよね。

何か違いがあるのでしょうか。

石鹸とボディーソープの1番大きな違いは「洗浄成分」です。

成分を含め、石鹸とボディーソープの違いを説明していきたいと思います。

石けんの特徴

石鹸の洗浄成分は、石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)が使われています。
石鹸素地を簡単にいうと、油(植物or動物)と水と苛性ソーダを混ぜ、熱を与えて固めた物のことをいいます。
成分表示のところに「石鹸素地」と書かれているのは、上記以外に何も加えていない「純石鹸」のことをいい、肌にはとても優しいです。

一般的に販売されている石鹸は、石鹸素地に成果成分などを加えている物が多いですが、その効果成分には自然由来の成分を使用したり、無添加処方をしている物が多いので、そういった石鹸の場合は肌に負担が少なく肌トラブルを起こす可能性も少ないんです。

そして、もう1つの違いが「PH」です。

石鹸は弱アルカリ性です。
弱アルカリ性と聞くと洗浄力が強いイメージですよね。

しかし、石鹸の弱アルカリ性は酸性物質(弱酸性の皮脂や汚れ)に触れると中和されてしまうため、洗浄力をほどほどに弱くしてくれます。
そのため、洗いすぎることなく皮脂の取り過ぎを防いでくれる効果も期待できます。

敏感肌や乾燥肌といった肌に悩みのある人は、無添加の純石鹸を使うのがおすすめです。

ボディーソープの特徴

ボディーソープの洗浄成分は、「合成洗剤」でできています。(合成洗剤とは、汚れを落とす成分が、石鹸素地・脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム以外の成分のものをいいます)
合成洗剤とは、洗浄成分に合成界面活性剤を使っているものをいいます。

また、ボディーソープには、添加物や防腐剤が使われているものも多く、そういったものは肌への刺激が強い場合もあるので、選ぶ際にはしっかりと成分表をチェックすると良いでしょう。
しかし、最近では肌に刺激を与えないよう合成界面活性剤も改良されてきているため、乾燥肌や敏感肌の人のためのボディーソープも増えてきています。


ボディーソープは、弱酸性~弱アルカリ性です。
弱酸性は肌に良いイメージですが、合成洗剤を使って洗浄力を発揮するように作られているので、少しの量で泡立ちしっかりと洗うことができます。
しかし、いつまでも肌の上で洗浄力が残るため、つい洗いすぎてしまい、必要な皮脂までとってしまう場合も多いんです。

肌に悩みのない人は、香りや泡立ち・効果を楽しむボディーソープがおすすめです。

洗浄剤を選ぶ時は、自分の肌質・肌の状態を確認した上で、自分の願っている効果があるものを選ぶようにすると良いでしょう。

4. 体臭に効果のある成分5つ

ここでは、体臭に効果のある成分をいくつか紹介します。

石鹸を選ぶ際には、こういった体臭に効果のある成分が入っているかどうかもチェックしてみてはいかがでしょうか。

■ミョウバン

水に溶けると酸性になるので抗菌効果に優れています。
アルカリ性のアンモニアに対して強いため汗臭さに効果抜群です。
肌環境を弱酸性に整える作用があります。

■柿渋

柿タンニンというポリフェノールを含んでいるので抗酸化の効果があります。
菌の繁殖を抑える働きがあります。
アンモニアなど臭い物質を中和させて臭いを消臭します。
抗菌・殺菌・消臭効果があります。

■銀イオン

菌を繁殖させない抗菌力に優れています。
消臭のイメージがありますが、消臭より臭いを発生させない効果(防臭効果)のほうが強いです。

■炭

臭いの分子を吸着してくれるので、消臭効果に優れています。
消臭剤として色んな分野で活躍しています。
天然素材なので、安心して使用できます。

■緑茶エキス・カテキン

抗酸化力が最も強いポリフェノールを含んでいます。
臭いの物質を包み込み無力にする効果があります。

5. 体臭対策におすすめ石鹸

体臭に効果のある成分を配合している、おすすめの体臭対策石鹸を紹介しますね。

プラスデオ デオドラントソープ

商品情報
+deo[プラス-デオ] デオドラントソープ
+deo[プラス-デオ] デオドラントソープ
+deo[プラス-デオ] デオドラントソープ

2,000円

公式サイト

サントリーが20年の月日をかけて独自に開発したデオドラント石鹸で、累計販売100万個突破した人気の石鹸です。

体臭対策成分として、臭い物質を吸着するポリフェノールを複数(柿渋エキス・緑茶エキス・甜茶エキス・緑茶エキス)配合しています。香りはドイツ・ケルンで作られた「ケルンの水」を採用しています。

この香りは「ナポレオンが愛した香り」としても有名で、男女関係なく使用できる爽やかなシトラスの香りです。

不快なニオイを消すだけでなく、使い心地と香りにもしっかりこだわった石鹸です。

なたまめ黒石鹸

商品情報
なたまめ黒石鹸
なたまめ黒石鹸
なたまめ黒石鹸
Amazon

江戸時代から薩摩地方で栽培されている「刀豆(なたまめ)」のエキスを配合しています。

柿渋・ミョウバン・茶葉エキスなどが配合されていて、あらゆる臭いに対応できる石鹸です。
保存料や防腐剤・合成界面活性剤も一切使用していない自然派石鹸なので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使用できます。

保湿力の高い成分も配合されているので、洗った後のツッパリ感もないので、どんな肌の人でも安心して体臭対策ができる石鹸ですね。

珠玉の泡

商品情報
珠玉の泡
珠玉の泡
珠玉の泡

1,944円

公式サイト

男女使用できるのですが、特に女性に嬉しい美容成分がたっぷりと配合されている石鹸です。

配合されている美容成分には、抗酸化・保湿・消炎・血行促進の効果あります。
悪臭の発生源を元から消す「ベントナイト」、悪臭菌を殺菌する「茶葉・シメン-5-オール」、悪臭を発生させない「柿渋エキス」の成分が効果を出し体臭を退治してくれます。

美容成分と消臭成分がしっかりと配合されているので、年齢とともに気になってくるスキンケアと加齢臭などの体臭対策が同時にできてしまう嬉しい石鹸ですね。

颯香力(そうこうりょく)

商品情報
颯香力(そうこうりょく)
颯香力(そうこうりょく)
颯香力(そうこうりょく)
Amazon

颯香力(そうこうりょく)に配合されている体臭対策成分は、ポリフェノールが多く含まれている「ルイボスエキス・柿渋エキス」です。さらに体臭の原因となっている菌を抑制する働きのある「トリクロサン・グリチルリチン酸ジカリウム」の2種類の有効成分も配合されています。

石油由来の界面活性剤を一切使わずに、独自の製法で弾力のある泡立ちを作り上げているそうです。
使い心地が良く、しっとりした洗い上がりが実感できます。

アジカ

商品情報
アジカ
アジカ
アジカ

1,980円

定期初回価格)

公式サイト

アジカは、燻製処理という熱処理をしている竹炭を使用することで、通常の炭より吸着力が高くなりより消臭効果が実感できます。
さらに、NASAの飲料殺菌に使われているほどの殺菌力・防臭力がある物質「シルバーナノコロイド」を使用することで、より高い殺菌効果が実感できます。

銀と炭の力で、加齢臭やミドル臭などの男の不快なニオイ問題にアプローチする石鹸です。

加齢臭に悩む男性のためにつくられた石鹸ですが、男性女性問わず体臭に悩みのある多くの人から支持されているアイテムです。

6. おわりに

人それぞれ体臭はあるものですが、汗臭や加齢臭などと混ざった不快なニオイは決して喜ばれるものではありません。
「クサい」といわれる前に、最低限のニオイケアは自らすすんですることが大切です。

特に人と接する機会が多い人や電車などの公共の乗り物を利用する人は、早めにケアするように心がけましょう。
ニオイケアをしっかりするだけで、周囲にも好印象を与えることができ自分にも自信を持つことができること間違い無しです。

この記事に関連するタグ