2019年08月30日更新

オーダーメイドフレグランス『Bespoke Scent Society』はオンラインでも自分の香りが見つかるサービス。

自分の価値観やライフスタイルを入力し、それに基づいて一人一人に合わせた特別な香りを調香師が作るオーダーメイドフレグランス"Bespoke Scent Society"は発売されました。
香りをもっと身近に感じ自分の一部として表現する人が増えてほしいという想いから生まれたブランドの魅力を紹介していきましょう。

634view

"Bespoke Scent Society"

Bespoke Scent Society

"Bespoke Scent Society" は、日本初のオーダーメイドを専門としたフレグランスブランド。

「もっと香りを身近に、そして自分の一部として表現する人が増えてほしい」そんな想いから誕生したブランドです。

オーダーメイドスーツ等で耳にするBespoke(ビスポーク)という言葉をブランド名に採用している通り、Webプロファイリングで13個の質問に答えるだけで、自分の好みやライフスタイルに合ったフレグランスを見つけることができるのが特徴です。

「ベテランパフューマーの知見」と「若手エバリュエーターのセンス」が融合した「香りのアルゴリズム」によって、自分に似合う香りを調香してくれるそう。

商品サイズ

●フルボトル(50ml) ¥19,800 + 税

●トラベルサイズ(8ml) ¥3,980 + 税

オーダーメイド調香の仕組み

Webプロファイリング

Bespoke Scent Society

オーダーメイドの仕組みは、13個の簡単な質問に答えていくだけ。

香水を使いたい時間や自分の好みに関するアンケートがあります。性別選択をさせられないのも好印象。

調香結果

Bespoke Scent Society

質問に答えた後は、調香結果が表示されます。

TOP、MIDDLE、LASTノートそれぞれにどんな香料が使われているかも分かるので、フレグランス好きにとってはオーダーメイドの体験自体が楽しく感じられるはず。

Bespoke Scent Society
Bespoke Scent Society

自分に合った香りの特徴を5項目に分けて表示してくれたり、おすすめのフレグランスの使いかたも教えてくれます。

実際に試してみましたが、オーダーメイドフレグランスの仕組みはユーザーのニーズに合わせてこれからも最適化されながら進化していきそうなイメージ。

自分好みの香りが見つかったかどうかは届くまでドキドキしますね。

"Bespoke Scent Society" のサイト内では、ギフト向けの機能も準備中のようなので、そちらも楽しみです。

おわりに

"Bespoke Scent Society"は、2019年7月31日(水)よりサービスの提供をスタートしています。

今後は機械学習やAI等の導入によりアルゴリズムの精度を高めるとともに、実際に香りを体験できるオフラインで香りを仕立ててくれるトランクショー(受注会)も積極的に実施していくそう。

フレグランス好きとして是非チェックしておきたいサービスの1つとなりそうです。