2017年09月18日更新

キッチンの悪臭の原因は1つじゃない!臭いの原因になりやすい場所と消臭対策を知っておこう。

キッチンは食事を作る場所なので、料理の良い匂いがするのが望ましいですよね。しかし、キッチンに立つとどこからかイヤな臭いがしている時ってありませんか?

しかも、はっきり「このニオイ!」と分かる臭いではなく複数のイヤな臭いが混ざっているような感じで原因が特定できないことも多いですよね。

家庭によって悪臭自体も変わってくるので、すぐに臭いの原因を見つけるのは難しいですが、キッチンの中で不快な臭いの原因になりやすい場所と消臭対策を知っておくことで、そんな悩みも軽減すること間違い無しです。

毎日使う空間をクサいままの状態で放置しなくても良いように、今回はキッチンの悪臭の原因とそれに対する消臭対策を紹介していきます。

Hatenabookmark logomark

1556view

1. キッチンから臭う悪臭の原因は1つじゃない

Embed from Getty Images

キッチンに入るとイヤな臭いがしている時ってありますよね。
でも、「どこから発生しているのか?」「この嫌な臭いは何なのか?」と臭いを断定できないこともしばしば。

それは、悪臭の原因が1つではなく、キッチンで複数の臭いが発生して「混合臭」となってしまっているからなんです。

キッチンは他の部屋と違い、食事の用意や後片付けをする場所なので、当然食材のゴミや食べ残しを置いてありますし、お皿や調理器具などを洗うために水も使います。そのため、臭いも1つではなく何種類もの臭いが発生してしまいます。そして、キッチンの臭いは各家庭で微妙に違うので、気になった時には自分で確認しながら対策しなければいけません。

今回はキッチンで発生するイヤな臭いの原因と消臭対策をセットにして紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

2. ゴミ箱の臭いの原因と消臭対策

Embed from Getty Images

キッチンのイヤな臭いというと、真っ先に思い浮かぶのは、生ゴミやいらなくなった食べ物を捨てる場所「ゴミ箱」ではないでしょうか。

ゴミ箱からする臭いは、生ゴミと○○が原因

ゴミ箱からの悪臭の1番の原因は「生ゴミ」です。調理した時に出た食材や食べ残した食べ物を捨てることで、悪臭が発生します。
生ゴミは、水分も含んでいるため雑菌が繁殖するには、最適な場所です。特に、温度が高い季節になるとゴミ箱の中は、高温多湿状態になり大量に雑菌が繁殖してしまいます。その結果、強烈な悪臭が発生してしまいます。

そして、じつはゴミだけが原因ではなく、ゴミ箱がプラスチック製だと余計に臭いが強くなってしまうといった可能性もあることを知っておきましょう。

最近では主流のプラスチック製のゴミ箱ですが、プラスチックは悪臭を吸収しやすい素材なので、ゴミ箱内のゴミをこまめに捨てていてもゴミ箱自体がクサい場合があります。臭いが気になる場合は一度チェックしてみると良いでしょう。

生ゴミの消臭対策

ゴミ箱からするイヤな臭いは、生ゴミを捨てる時には水分をなるべく取った後、新聞紙に包み袋に入れてしっかり結ぶことで軽減できます。
その際、生ゴミに酢を小量かけると殺菌効果も得られるので、念入りな消臭対策としておすすめです。

ゴミを入れていない状態なのにゴミ箱がクサい場合は、上で触れたようにゴミ箱自体に悪臭が染み付いている可能性大!
そういう場合は、下で紹介するゴミ箱自体の消臭対策を試してみてください。

ゴミ箱自体の消臭対策

簡単にできるゴミ箱の消臭方法

STEP1.
アルコール除菌スプレーをかける。

STEP2.
中性洗剤でゴミ箱をふく。

弱い臭いならこの方法で消臭できます。しかし、この方法を試しても臭いが取れない場合は、下の方法を実践してみましょう。

まだまだクサい時のゴミ箱の消臭方法

STEP1.
お風呂場や外でゴミ箱にお湯をかけ、中性洗剤で洗い、乾かします。

STEP2.
STEP1の方法でも臭いが残る場合は、キッチンハイターなどの漂白剤を拭きつけ、しばらく置いてから流して乾燥させてください。
色が落ちてしまう恐れもあるので、使って良いのか記載されている部分で確認してから使うようにしましょう。

Message character
手間をかけて洗うのが面倒だったり、何をやってもゴミ箱がクサい場合は、ゴミ箱ごと捨ててしまいましょう\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーッ!

3. 水まわりから発生する悪臭の原因と対策

Embed from Getty Images

キッチンは水を使う場所なので、少し掃除をサボっただけでも汚れや臭いが発生してしまいます。

排水口や三角コーナーが原因の臭いと消臭対策

この2つから発生する悪臭は、生ゴミと生ゴミに繁殖した雑菌が原因です。

三角コーナーは、通常生ゴミを入れる場所なので、その生ゴミの臭いとその生ゴミをエサに雑菌が繁殖した結果の臭いが混ざり不快な臭いがしがちです。
排水口の場合は、生ゴミ+食器を洗った際の食べカスや油汚れなどがヌメりなどになり蓄積して悪臭が発生してしまいます。

消臭対策

●なるべく生ゴミを捨てるようにしましょう(捨てる場合は、水分を切って新聞紙に包み袋に入れます)

●三角コーナーにお酢をかける

●野菜の捨てる部分は、ナイロン袋に入れてゴミの日まで冷凍庫や冷蔵庫で保管する

●排水口のゴミキャッチャーの中にアルミホイルを小さく切り敷いておく(筆者も実践していますが、ヌメリと臭いが軽減しました)

●生ゴミ用の消臭スプレーを利用する

排水トラップや排水管・排水ホースが原因の臭いと消臭対策

排水口のゴミキャッチャーも綺麗に掃除したのに、まだ悪臭がある場合に考えられるのが「排水トラップ・排水管」からの臭いです。

通常、排水口のゴミキャッチャーの下には、下水の臭いが上に上がってこないように「排水トラップ」が設置されています。

排水トラップには、常に水が溜まっている状態になっていて、下水の臭いが上がってこないように水でフタをしています。その辺りから臭いがしてくる場合には、排水トラップに食べカスなどが溜まって臭っていたり、それをエサにして雑菌が繁殖している可能性があります。排水トラップまでしっかりと掃除することで、臭いも消臭できます。

排水管の場合も排水管にヌメリや汚れが溜まって悪臭が発生している場合が多いですが、稀に排水ホースが破損していたりする場合もあります。

排水口からの臭いではなくシンクの下を開けた時に悪臭がする場合は、排水ホースにヒビ割れや破損があると考えられます。
排水ホースがヒビ割れ・破損している場合には、ホームセンターなどで販売されている「水もれ防止補修テープ」で修繕するか排水ホース自体を交換するようにしましょう。

他にも、排水ホースと排水パイプの接続に隙間があると臭いがもれてくることも。
その場合もホームセンターでゴム製の防臭キャップやアタッチメントなどが販売されているので、店員さんに相談してみると良いでしょう。


4. 魚焼きグリルが原因の臭いと消臭対策

魚焼きグリルの掃除って大変ですよね。料理をする際に魚焼きグリルを使うことも多いですが、使った後には掃除をしっかりとしていますか?

筆者もよくしてしまいがちですが、魚焼きグリルの掃除が面倒でつい後回しになってしまい悪臭で気づくことも。

魚焼きグリルを使った後は、食材の油や生臭さがあるので、すぐに洗うようにしましょう。洗った後もまだ臭いが残っている場合は、重曹を溶かして掃除すると臭いもなくなるので気になる場合はおすすめです。

5. シンク下の収納からの臭いと消臭対策

シンク下の収納が臭う原因の1つは、上でも触れた排水ホースが原因ですが、排水ホースに原因が見られない場合には、シンク下の収納内自体が臭っている可能性があります。

収納自体の臭いの原因は、汚れと「カビ」が考えられます。シンク下の収納には、調味料を入れている家庭も多く、調味料がこぼれて臭いが発生している場合があります。そして、シンク下の収納部分には、排水ホースが設置されているため湿気が溜まりやすい場所なのでカビも生えやすく、それが不快なニオイを発生させているのかもしれません。

シンク下の収納の消臭対策

●こぼれた調味料で汚れている場合は、綺麗に拭き取り、新聞紙やキッチンペーパーを敷いて汚れたら変えるようにしましょう。

●カビ臭い場合は、漂白剤や重曹を使って掃除し雑菌が繁殖しないようにして、収納内の乾燥を心がけましょう。

●重曹は汚れを落とす効果の他に消臭効果もあります。重曹を瓶などに入れてシンク下の収納内に置くのも効果があります。もちろん除湿剤や消臭剤などを置いてもOKです。

6. おわりに

キッチンから発生する悪臭の原因とそれに対する消臭方法をまとめましたが、いかがでしょうか。

キッチンで悪臭が発生している場合には、今回紹介した臭いの可能性を疑いながら悪臭の原因を突き止めて消臭対策をしてみましょう。しっかりと予防&消臭対策を行なって悪臭のない快適な環境で、料理や家事をおこないたいものですね。

この記事に関連するタグ